パブコメで未来を変えよう

「川内原発再稼働」に関するパブコメに数万の声を届けよう!

意見公募(パブリックコメント)意見募集用フォーム
意見ボタン
ファックス

市民の声を反映させるプロセスが非常に限られているいま、このパブコメはとても重要です。限られた期間、情報拡散と呼びかけをぜひ!

【パブコメを書くときに参考になるサイト】
◎グリーンピース←今回初めて出すなどでやり方が良くわからない人はこちら!
パブコメ出そう、川内原発とまるほど

◎お役立ち文例集(クリックするとPDFが開きます)
sendaigenpatsu_pubcome_sample

 

 

 

 

パブコメのタネ
◎<パンフレット>川内原発・火山審査のここが問題

川内原発・火山審査のここが問題

これ一冊で、川内原発の火山審査の何が問題なのかすべてわかります。パブコメがすぐに書けます!パブコメ文例付。オールカラー12ページ。ご自由にダウンロードして下さい。



 

 

 

◎原子力市民委員会
川内原発再稼動問題 ~規制委員会審査書案発表へのコメント~
見解:川内原発再稼働を無期凍結すべきである

 

>>他の方のパブリックコメントの例を参照して書きたい方は、コメント欄をご参照ください(パブリックコメントを提出した方は、ぜひコメント欄からへの記入もお願いします!他の方が意見を書く際に大変参考になります!)

 

140731_pabukomekun


2014年1月6日(月)〆切! 「原子力は、重要なベース電源と位置づけ、核燃料サイクルも着実に推進」など、2012年のパブコメを全く無視した現政権に数万のパブコメを届けよう! (2012年の国民的議論では8万9000件以上)140106_img

すぐに意見を提出 意見ボタン 詳細、書き方を見る ◆カラーのパブコメ呼びかけチラシができました!

ぜひ、イベントや知人・友人に、街頭で、配布しませんか? 希望部数と送付先をeシフト事務局(info@e-shift.org、03-6907-7217)までお気軽にご連絡ください。

※ カンパ募集中(急な制作のためカンパ歓迎!任意です。) 郵便振替口:00130-2-68026 口座名:FoE Japan(eシフト事務局)

2012年夏の「国民的議論」では、さまざまな手法で市民の意見の集約が試みられ、「少なくとも国民の過半が原発ゼロを望む」とまとめられました。特に、パブリックコメント(パブコメ)では、総数8万9000件以上のうち9割近くが、「原発ゼロ」を選択し、民主党政権下での「革新的エネルギー環境戦略」における原発ゼロ方針の閣議決定につながりました。 安倍政権は、この「革新的エネルギー環境戦略」の原発ゼロ方針をゼロベースで見直すと表明、エネルギー基本計画の見直しについても、新たな枠組みを作るとして、8万9000件のパブリックコメントの結果を無視しようとしています。 しかし、だからといって「パブコメ出してもしょうがない」とあきらめてしまってはいけません。 特に担当省庁の施策は、パブコメの件数や内容に左右されることがよくあります。 あきらめず、パブコメを出し続け、市民の意思を伝え続けましょう。 脱原発、被災者の支援のためにできる限りのことをしましょう。 たったひとりでもできること。それがパブコメを提出することです。 ◆パブリックコメントとは: 公的な機関が規則あるいは命令などの類のものを制定しようとするときに、広く公に(=パブリック)に、意見・情報・改善案など(=コメント)を求める手続をいう。公的な機関が規則などを定める前に、その影響が及ぶ対象者などの意見を事前に聴取し、その結果を反映させることによって、よりよい行政を目指すものである。通称パブコメ。 【連絡先】 国際環境NGO FoE Japan(03-6907-7217) info@e-shift.org

「エネルギー基本計画」見直しに数万のパブコメを!

意見公募(パブリックコメント)意見募集用フォーム
意見ボタン
ファックス

◆参考資料
[総合資源エネルギー調査会・基本政策分科会 開催状況と資料]
http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonseisaku/index.htm

◆カラーのパブコメ呼びかけチラシができました!140106_img
ポイント解説もあり、すぐにパブコメが書けます!
ぜひ、イベントや知人・友人に、街頭で、配布しませんか?
希望部数と送付先をeシフト事務局(info@e-shift.org、03-6907-7217)までお気軽にご連絡ください。
※ カンパ募集中(急な制作のためカンパ歓迎!任意です。)
郵便振替口:00130-2-68026 口座名:FoE Japan
(eシフト事務局)

<このパブコメのポイントは?>
12月6日、経済産業省の審議会で、エネルギー基本計画見直しの原案が示され、そのままパブコメにかけられました。
原案の内容は、
•準国産エネルギーである原子力は重要なベース電源
•世界で最も厳しい水準の新規制基準の下で安全が確認された原発は、再稼働を進める
•核燃料サイクル政策は、引き続き着実に推進する
などを明確に打ち出し、2012年の「国民的議論」を事実上まったく無視しています。

市民の声を反映させるプロセスが非常に限られているいま、このパブコメはとても重要です。限られた期間、情報拡散と呼びかけをぜひ!

下記もご参照ください。
eシフトからの呼びかけ

ISEPブリーフィングペーパー:エネルギー基本計画への政策提言
自然エネルギー財団:「エネルギー基本計画」への提言
気候ネットワーク:「エネルギー基本計画」への意見
FoE Japan声明:福島原発事故と「国民的議論」を無視した「エネルギー基本計画(案)」は撤回すべき
◆グリーンピース:エネルギーパブコメを出して、「原発ゼロ」と何度でも言おう

>>他の方のパブリックコメントの例を参照して書きたい方は、このページの下方にあるコメント欄をご参照ください(パブリックコメントを提出した方は、ぜひコメント欄からへの記入もお願いします!他の方が意見を書く際に大変参考になります!)

  • In: パブコメで未来を変えよう
  • 10月11日(金)まで:核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律施行令及び… はコメントを受け付けていません。

核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律施行令及び東京電力株式会社福島第一原子力発電所原子炉施設についての核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律の特例に関する政令の一部を改正する政令(仮称)(案)等に対する意見募集について

意見公募(パブリックコメント)詳細と、意見募集用フォーム

意見ボタン
郵送・ファックス・メールによる提出は 意見提出用紙をダウンロードし、下記まで送付。

〒106-8450
東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル
原子力規制庁 安全規制管理官(廃棄物・貯蔵・輸送担当)付 パブコメ担当宛て
FAX:03-5114-2181


政府ボタン

>>他の方のパブリックコメントの例を参照して書きたい方は、このページの下方にあるコメント欄をご参照ください(パブリックコメントを提出した方は、ぜひコメント欄からへの記入もお願いします!他の方が意見を書く際に大変参考になります!)

 

意見公募(パブリックコメント)詳細と、意見募集用フォーム

意見ボタン
郵送・ファックス・メールによる提出は:

(1)郵送 意見提出用紙に氏名、連絡先及び本件への意見を御記入の上、下記の住所宛てにお 送り下さい。
住所:〒100-8931 東京都千代田区霞が関1-3-1 経済産業省資源エネルギー庁電力・ガス事業部政策課 パブリックコメント担当 宛て

(2)FAX 意見提出用紙に氏名、連絡先及び本件への意見を御記入の上、下記のFAX番号宛て にお送り下さい。
FAX番号:(03)3501-3675 

(3)電子メール
意見提出用紙に氏名、連絡先及び本件への意見を御記入の上、下記の電子メールア ドレス宛てにお送り下さい。 電子メールアドレス:ppd-egd@meti.go.jp (件名は「『原子力発電所の廃炉に係る料金・会計制度の検証結果と対応策(案)』に 対する意見募集について」として、意見提出用紙を添付してお送り下さい。)

意見提出用紙はこちらからダウンロードできます。


経済産業省のページ
政府ボタン

 

<このパブコメのポイントは?>

(Facebookの飯田哲也さんのコメントを引用させていただきました)
国民を欺くとんでもない「謀略」が進んでいます。
『会計の素人』(=経産官僚)によって、わずか二回だけの「経産省ワーキンググループ」の開催による「経産省規則」の変更で、電力会社の大粉飾決算を認め、企業会計の原則を曲げるとんでもない「変更」が行われようとしています。
これは、一般の電力会社の廃炉に関して、電力会社の不始末を国民負担に転嫁する「粉飾決算」の問題に加えて、東京電力福島第一原発の事故費用まで電気料金に転嫁しようとするとんでもないものです。(引用ここまで)

立命館大学大島教授によるわかりやすいツイートのまとめはこちら

>>他の方のパブリックコメントの例を参照して書きたい方は、このページの下方にあるコメント欄をご参照ください(パブリックコメントを提出した方は、ぜひコメント欄からへの記入もお願いします!他の方が意見を書く際に大変参考になります!)

市民の声で締め切りが延長されました!
9月13日(金)→23日(月)まで!

◆意見公募(パブリックコメント)意見募集用フォーム
意見ボタン

FAX・郵送のフォームは書式指定は特にないようです。
【FAXの宛先】03-5545-0525 復興庁 法制班
【郵送の宛先】〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル6 階 復興庁 法制班

<問い合わせ先>
復興庁 法制班(阿部、谷口、河野、西尾、清水、小楠)
電話:03-5545-7230

◆復興庁「被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針(案)」 の公表及びパブリックコメントについて

政府ボタン (PDF)

しえんほう

<このパブコメのポイントは?>

2013年8月30日、復興庁が「子ども・被災者支援法」の基本方針案を発表しましたが、被災者の声をまったく反映していない点、また、基本方針案が既存の政策を貼り合わせただけで、実体がない点など多くの問題点について多くの指摘が出ています。

くわしくはFoEジャパンのページをご覧下さい。

意見を提出するべきポイントは様々ですが、下記に一例を挙げますので、ご参照ください。

・パブコメ期間が短すぎます。
・各地で公聴会を開いたのちに、基本方針を抜本的に見直してください。
・ほとんどが既存の施策です。どれが新規施策なのか明確にしてください。
・支援対象地域が狭すぎます。少なくとも追加線量1mSv以上を支援対象地域とし
てください。
・支援対象地域に対して何が支援されるのか、わかりません。
・実質的で具体的な避難者への支援が含まれていません。
・借上げ住宅の新規の受付および財政支援を行ってください。
・区域外避難者への就労支援や移動費用の補助を行ってください。
・高速道路の無料化の対象を広げてください。(現在は浜通り、中通り、宮城県
の丸森町の母子避難者のみ)
・「有識者会議」だけではなく、県外でも被ばくに対応した健診を行ってくださ
い。
・被災者・支援者の意見を吸い上げるための、常設の協議機関を設置してくださ
い。

<Twitter用拡散文例>
復興庁「子ども・被災者支援法」基本方針へのパブコメ9月13日(金)迄!既存施策の寄せ集めが多く、帰還を促すような施策が目につく一方、避難者向けの具体的な施策が欠落。被災者の声を実質的に反映するべきなどパブコメを今すぐ送ろう!書き方→http://goo.gl/2z18LZ

>>他の方のパブリックコメントの例を参照して書きたい方は、このページの下方にあるコメント欄をご参照ください(パブリックコメントを提出した方は、ぜひコメント欄からへの記入もお願いします!他の方が意見を書く際に大変参考になります!)

こちらのパブコメは締め切りとなりました。
結果はこちらに掲載されています。

意見公募(パブリックコメント)意見募集用フォーム
意見ボタン

ファックス


原子力規制委員会のページ
政府ボタン

原子力規制を監視する市民の会による詳しい解説記事
市民

 

<このパブコメのポイントは?>
再稼働のための新基準適合性審査の一方で、再処理工場などの核燃料施設の新規制基準の策定が進んでいます。骨子案のパブリックコメントが8月15日締め切りでいま意見募集の最中です。対象は、六ヶ所と東海村の再処理工場、核燃料加工工場、常陽などの研究炉、むつの中間貯蔵施設などです。

新規制基準では、廃液タンクの冷却失敗、溶媒の爆発事故、臨界事故といった背筋が凍るような重大事故を想定することを求めているが、後付けの対策を要求するだけで、いったいどのくらいの放射能が出るのか、住民の被ばくを回避するための規定はありません。六ヶ所再処理工場では直下の活断層が100キロ近い海底活断層に伸びてる問題もあります。

意見を提出するべきポイントは膨大にありますが、下記に一例を挙げますので、ご参照ください。

青森県六ヶ所再処理工場では直下の活断層が100キロ近い海底活断層に伸びて
いる

活断層については、40万年前以降に動いたことが否定できなければ、活断層とみ
なすこと、外部専門家をまじえた第三者評価が評価を行うことなどを求める

・再処理施設における放射性物質の海洋放出は原発と同様の規制を行うべき。
(再処理施設からの放出基準は原発に比べて甘い。そうしないと稼働できないため)。たとえば、現状では、再処理施設からのクリプトン、トリチウム、ヨウ素131について無条件に全量放出を許しているが、これを規制する内容を加えることを求める

・立地審査基準をきちんと議論して適用するように求める。
原発の新規制基準と同様、住民の被ばく限度を定めていた立地審査指針は、定められていない。代わりにセシウム137だけで100テラベクレルという原発と同じ目標が設定されたが、再処理工場の事故では、セシウム以外にも、ありとあらゆる危険な核物質が放出される。セシウム137だけを問題にするのはおかしい

・従来同様の問題も指摘する
再処理工場からの日常的な放射能の垂れ流しや危険きわまりない高レベル廃液タンクの扱い、技術的に失敗が明らかになったガラス固化など、従来からの問題についても指摘する

コメントは専門的である必要はありません。下記のような根本的な問題提起のコメントでもかまわないのです、ぜひあなたの考えを書いて提出しましょう。
・福島原発の事故対応に全力投入すべき時期に、再処理工場の基準をつくることに何の意味があるのか
・そもそも危険で矛盾の多い再処理をやめるべき
・再処理ありきの基準づくりはおかしい
・福島第一原発の汚染水が収拾がつかなくなっている状況で規制委員会は事故収束に全力を投入すべきである


>>もっと詳しい解説を見たい方はこちら

>>他の方のパブリックコメントの例を参照して書きたい方は、このページの下方にあるコメント欄をご参照ください(パブリックコメントを提出した方は、ぜひコメント欄からへの記入もお願いします!他の方が意見を書く際に大変参考になります!)

パブコメくん

パブコメくん

パブコメくん

mainlogo

パブコメくんのツイッター

エラー: Twitter からの反応がありません。数分待ってページを再読み込みしてください。